『醒めながら見る夢』

 村井さん目当てでレンタルしました。

辻仁成監督の『醒めながら見る夢』

 

私は、邦画とフランス映画が好きなので最後まで観れましたが

「凡人にはわからんな」と一言で済んでしまう映画でもあるなと思いました。

軸のストーリーは至ってシンプルで、簡単に先読み出来ます。

びっくりするような展開もないので、最後まで心穏やかに観れるというか…

映像は、そこそこキレイだと思いました。

ただのはんなり〜じゃない京都が観れて、そこは良かったかな。と思います。

 

肝心の村井さんですけど…わたし彼のあの死んだ目が大好きでして笑

戦国鍋の大矢野(天草四郎と島原で乱れ隊)の3割増くらい目が死んでました…

ちょっと、癖のある役柄ではあったのかな。

役作り、凄い苦しんだんだろうなぁって、彼の努力が垣間見れます。

(過去のブログなんか見ても、つらそう)

最近多い草食系の役(ハンガーZとかアフターファイブとか)でもなく、

戦国鍋の信長さんや華鬼のようなSぽい役でもなく、わたしの中では結構新たな村井さんが見れたと思いました。

個人的に童貞を演じている若手俳優が大好きなので(糞下衆)それこそときめきましたが。

キラキラ輝いてるカッコいいだけじゃなくて、苦悩している村井さんが見たい人はオススメです。

 

 

 

何ともタイムリーな話題

確かにフランス人にウケそうではあるなぁ…

 

 

醒めながら見る夢 [DVD]

醒めながら見る夢 [DVD]

 

 

原作

醒めながら見る夢

醒めながら見る夢

 

 どういう文章で、この映像になったか確かに興味は沸きます。

読んでみようかな。

(今となっては舞台も見てみたかったです)