心機一転の気持ちと、2015年の振り返り。

あけましておめでとうございます。

びっくりするくらい間が空いてしまいましたが、相変わらずライブ・観劇で忙しく過ごしています。

 

とりあえず、2015年の総括。

(抜けているのありそう)

 

1月 最遊記

2月 俺旅イベ、LUNA SEA

3月 LUNA SEA、ペダステ(2回、ライビュ)

4月

5月 TMRハイタッチ会

6月 殺意の衝動、ホントン、ルナフェス

7月

8月 TMR、ペダステイベ、バサラvsDMC

9月 RENT、イナズマ、ラルク最遊記

10月 ペダステ、RENT、幻の城、幻の城感謝祭

11月 羊を数える、椎名林檎

12月 ダンロン、ドリカム、LUNA SEA、ヘタミュ

 

鈴木さん10回、村井さん7回拝見することができました。

よかった。

来年ももっと増えるといいね!

ライブ関係だと、結構LUNASEA充できた年だったなぁ…

特にルナフェスは本当に素敵なイベントでした。

ルナフェスを通して素晴らしいアーティスト達を再発見できたし、定期的に開催してくれると本当に嬉しいです。

…そして、比較しちゃいけないんだけど、イナズマ…頑張ってほしい。

とりあえず、主催者が変わらない間は何があっても通い続けようと決めているのですが、最近心が揺れますよ…

 

あと、こっからは俳優さん達を好きになってから思ったこと。

私にとってはかなりポジティブな心の変化だけど、読んで嫌ない気持ちになる方がいるかもしれないので隠します。

 

 

私は、村井さんと鈴木さんの出演作を中心にお芝居を観に行っています。

好きになったきっかけは戦国鍋の「信長と蘭丸」だし、ミーハー心を否定するつもりもありません。

正直、お芝居も内容がつまらなくても仕方ないかなぁと諦めている部分がありました。

クオリティやお芝居の出来ではなく、本人達を「見る」ために通っていました。

だから、Twitterなんかで「感動した!」「よかった!」ってつぶやきを見ると、ある意味羨ましさすら感じていました。

そういう意味での楽しさを、私は得ることが出来ていなかったので。

(どうせなら楽しい方がいいに決まっている)

 

それが、今年の後半くらいから、急に楽しくなったんです。

2人が急にクオリティの高いものに出演するようになったのか、2人の演技力が格段に上達したのか、私の気持ちが変わったのか…

何が原因かはわかりません。全部そうだと思います。

特に、村井さんのRENT、鈴木さんの幻の城とダンロン

観劇後は、まるで恋に落ちたかのように感情が高まりました。

演技に感動して、自然にスタオベしていまい…

今までの自分では考えられませんでした。

(ライブではよく経験しているはずなのに)

でも、お芝居を見た後に、本当にこの人を好きになってよかった、この人を好きになって誇らしい、ありがとう…とまるで宗教みたいですけど笑

RENTやダンロンのように、いろいろな客層の方が観にこられる舞台でしっかり結果を残し、説得力のある演技を出来る2人は本当にすごいです。

本当に誇らしい気持ちでいっぱいです。

安心してこれからも2人を好きでいられるな〜と思って年を越したので、今年も出来るだけ追いかけて行きたいと思います〜